補聴器外来

ー聞こえるようになり元気を取り戻そうー

以下に当てはまる人はご気軽にご相談ください。

  • 何度も聞き返ししてしまう。
  • テレビが大きすぎると家族に言われる。
  • 相手の言っていることが分からないので会話が楽しくなく億劫になってきた。
  • 道路で近づいてきた車に気づかないでヒヤヒヤすることがある。

補聴器1_s

補聴器外来の流れ

STEP1 まずは聴力検査を行い、難聴があるのかどうかをみます。

STEP2 聴力レベル、生活状況、本人の意思から補聴器が本当に必要かどうかを判断します。

※耳鼻科は「補聴器を売ること」が目的ではないので、必要ないと判断したら補聴器は勧めません。通常の会話が問題なく補聴器は全く必要でない場合も多々あります。

STEP3 補聴器をした方が明らかに生活の質が上がると判断した場合には、補聴器外来を予約

STEP4 補聴器を約1〜2ヶ月間実際に自宅で試聴

STEP5 「補聴器が必要である」と感じたら検討して購入

※「今はまだ補聴器は必要ない」と感じた方は、将来、さらに聞こえが悪くなって不便に感じてきたら、再受診して下さい。

STEP6 最適な聞こえになるまで調整を繰り返す。定期的にメンテナンスする。

 会話することの楽しさ

最近はLINEなどのSNSで書いたり見たりするコミュニケーションが盛んですが、それ以上に人と会って会話をすることは、生きていく上でこの上ない楽しみではないでしょうか。

ところが聞こえが悪くなると、相手が何を言っているか分からなくなり、最初のうちは聞き返して理解しようと努めますが、何度も聞き返すのも相手に悪いし面倒くさくなってきて、そのうち会話をなるべくしないようになります。コミュニケーションが成り立たないので、人と会うのも億劫になり、自分の殻にこもるようになります。今まで元気だった人の精気がだんだん失われていきます。会話をしないので頭も回転しなくなり周りから見るとボーっとしているよう見えてきます。そうなる前に補聴器をして聞こえを取り戻しましょう。

私も若干の難聴があるので、他人事とは思えません。居酒屋でカウンターに3人で並んだ時なんかは隣の2人が話しているのが聞こえなかったりすることがあります。そうなると全く面白くなく寂しい思いをします。コロナが明けたら大人数のお食事会の機会も増えてくると思いますが、そこで人の話が聞こえなかったら全く楽しくないでしょう。

世間の補聴器の評価

世の中の補聴器の評価は高くありません。「つけてもつけなくても、あまり変わらない」とか「会話より他の音がうるさく聞こえて鬱陶しい」とか「高いお金を出して買ったが結局使わずタンスの肥やしになってる」とか。これらの補聴器のイメージを払拭したいと思っています。

補聴器を体験してみる

当院では、できるだけ多くの難聴の患者さんに、まずは補聴器を体験してもらいます。多少音がうるさく感じても、最初から頑張って長時間使用していただいて早く慣れていただきます。しっかりと最低限の会話が聞こえるようになるまで最後まで補聴器の調整をしていきたいと考えております。そして「補聴器は自分にとって必要な物だ」と納得されたら初めて購入を考えてもらいたいと思います。そう思えない場合には決して購入しないでください。補聴器は15万〜20万円くらいはするので安くはない買い物だと思います。

補聴器2_s

生活を楽しむために

生活を楽しむ上で「聞こえ」は必ずなくてはならないものです。最初は家族に連れられて渋々来る患者さんもいます。聞こえないので、どこか自信がないのもあり、目を合わせようとはしません。ところが補聴器を試していくうちに会話に自信がついてくるのか、こちらを見て、まるで私からの質問を待ってるかのようになります。

日本は高齢化社会なので難聴の患者さんはたくさんいると思いますが、世界の中でも補聴器をする人が少ないんだそうです。聞こえないということが恥ずかしいことだと考えており、人に悟られないようしているからだと思います。今や若者もイヤホンをみんな電車の中でつけている時代です。補聴器も軽量化が進み形もファッショナブルになってきています。

補聴器を快適に装用するために

勇気を持って補聴器を一度試してみてください。試してみて必要ないと思ったら購入しなければいいだけのことです。

補聴器は購入して終わりではありません。むしろ購入からがスタートになります。これが補聴器と眼鏡との決定的な違いになります。しっかりと聞こえるようになるまで最初は何回かきてもらう必要があります。高いお金を出して買った補聴器をしっかりと活かすためには、しっかりとした調整が不可欠です。購入しただけで適正に調整されていない補聴器は何の価値もありません。
補聴器を自分の身体の一部のようにつけて、テレビや音楽や日常の音や会話を楽しんでもらいたいです。その手助けを補聴器外来では全力で行っていきたいと思います。

補聴器のよくある質問

眼鏡やさんで補聴器売っているのに、なぜ耳鼻咽喉科を受診する必要があるのですか? なにが違うのですか?

①耳の中を診て難聴の原因を専門的に診断できる。

②本当に補聴器が必要かどうかを判断することができる。

③補聴器が適正に調整されているかを評価、検査することができる。

補聴器しても雑音ばっかりで実際には聞こえないという噂もありますが? 実際はどうですか?

たしかに初めて補聴器を装用すると、普段は聞こえないような音がたくさん入ってきてびっくりします。ところが装用時間を長くして慣れてくると、徐々に雑音が気になる割合が減ってきます。普段あまり使ってないと、いつまで経っても慣れずに雑音が気になったままです。「会話は聞こえず雑音ばかり聞こえる」という人は、おそらく調整が適正ではなく補聴器もあまり使ってない人に多いと思われます。そこを乗り越えて会話が聞こえるようになるまでフォローします。

どの程度の難聴から補聴器をしたほうがいいのですか?

一般的には40dBくらいからと言われてますが、その人の生活や目的によります。会議で離れた人の会話も聞き取りたい、教会で神父さんの話を聞きたい、孫と話したい、テレビをしっかりと聞きたい、仕事でお客さんの質問に答えたい等です。本人が会話が不便になる回数が増えてきたら検討するタイミングだと思います。聴力検査と問診から本当に補聴器が必要かどうか話し合いましょう。

補聴器をするとかえって元々の聴力がわるくなったりしませんか?

補聴器をしたからといって難聴が進行するということはありません。むしろ「聞く」意識が高まって、音に対する反応は良くなることが多いです。「難聴脳」のままだと、音や会話に意識がいく回数が減少して感度がにぶってくるのではないかと思います。

1台40万もする補聴器を買ったのですが、家族との会話もままならずタンスの肥やしになってほとんど使っていません。何が問題ですか?

補聴器の値段は15万〜40万円(通常は25万円くらい)当院でお勧めしている補聴器は15万円〜25万円です。どんなに高価で高性能の補聴器を買っても、調整が適正に行われてないと聞こえるようになりません。一般的にはそれほど高価な補聴器は必要ありません。高い補聴器ほど聞こえるというわけではなく、機能がたくさん搭載されているほど高くなります。その機能もみんなに必要なわけではありません。どの補聴器がその人に合ってるかご相談ください。

補聴器がきちんと調整されているか、どうやってわかるのですか?

補聴器をしてない時の聴力と装用した時の聴力を比較します。(補聴器適合検査)その検査をやらないと、補聴器をしてどのくらい聞こえが改善しているか分かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>